SERGE HEFEZ

EDの改善にはまずアルギニン

アルギニンが性機能に有効と言われています

アルギニンは体内勃起因子の一酸化窒素を生成し、血管を若返らせ血管を拡張させる生体必須成分です。

しかし、老化や高血圧、肥満、喫煙、ストレスなどのEDの危険因子によって、体内での量や働きが低下することが分かっています。

そのことから、一酸化窒素が減少しEDが発病したり悪化していくものと考えられています。

実際、アルギニンから一酸化窒素ができるのが止まると勃起しなくなり、これにアルギニンを補充すると勃起力が回復することもわかっています。

ED患者にアルギニンを摂ってもらうと、EDが改善したという話もあるぐらいです。

アルギニンというのは動脈硬化そのものを予防・改善する働きがあるため、根本からEDを予防・改善するものとして現在大変注目されています。

したがって、アルギニンはED治療において、EDを根本から改善するため、その安全性の高さからまず最初に使われるべきであり、基礎治療に使われても良いものだと思います。

同じく一酸化窒素に作用するバイアグラのように副作用を心配することはありませんからね。

また、妊娠を希望する方にとっては、精子数を増やし、運動性をも高めてくれる働きがありますので男性不妊症を改善し、より望ましい成分と考えられます。